« 白いたんぽぽ | トップページ | もうひとつの想い »

2010年4月24日 (土)

ミーシャへの想い

今日は朝からピカピカの太陽さんなお天気

ミーシャに似合いそうな お花を持って

会いに行って来ました

P1140003

毎回言ってしまう言葉・・・

「ごめんね ミーシャ」

だけど やっと言えた もう一つの言葉・・・

「ありがとう ミーシャ」

一年前のあの日・・・

ミーシャの命を奪ってしまった あの日・・・

日々の生活を普通に こなしながら

心の奥底に抱え込んでいた大きな重石

その重石の存在すら忘れようと暮らしてきました

どんなに自分を正当化させようとも

仕方が無かったんだって思うようにしようとも

自分が自分自身を許す事が出来ませんでした

この地へ引っ越してきて4年

もともと居たあの子達の暮らしに手を出した

自分の想いだけで 保護して手術をした

たったヒトリで誰も居ない

一番嫌いな場所であろう病院で死なせてしまった

どれだけ 自分が楽になる事を探しても

見つけ出す事ができませんでした

ミーシャの事を想うと悲しくて 悲しくて

あんまり涙が出てくるので

そのうち想わないようになりました

無意識に心に封印してしまったミーシャへの罪悪感

自分でも知らず知らずのうちに

大きな 大きな 重石になっていたのです

「ごめんなさい」の重みは一生消えないけれど

ちょっぴり優しい「ありがとう」が言えるようになりました

014

ミーシャの四十九日に 言いました

黒チビちゃんは 見守るから・・・チカラをかしてねって

黒チビちゃんの避妊手術は

私にとっては 大きな事で

無事に終わった後

全身のチカラが抜けたように

熱を出し

丸一日寝込んでしまいました

起きた時には 

心にあった重石は小さくなり

ぽっかりと柔らな光に包まれていました

言葉に出来ない想いが

ここにあります

「ミーシャあなたを忘れない・・・」

一年前に送り出した時に言った言葉です

これからは いつもあなたを感じる事が出来る

ちょっぴり優しい気持ちで思い出す事が出来る

辛かった4月が

優しい4月になったよ・・・

帰り道に 「白いたんぽぽ」さんにも会って来ました

P1140012

ミーシャ・・・あなたの命が教えてくれた事・・・

生きるのが辛くなった時・・・

あなたの命の重さを忘れないように

あなたに恥じないように

前を向いてしっかり生きて行くね

この青空に・・・

ちょっぴり許された気持ちになりました

P1140007

点々と浮かぶ雲が

お空のみんなが遊んでる様に見えました

大切な事を教えてくれて

私の心に残してくれて

ありがとう ミーシャ・・・

P1130969

ちゃあは今日も ご機嫌さんですclover

|

« 白いたんぽぽ | トップページ | もうひとつの想い »

ひとり言」カテゴリの記事

コメント

 ミーシャちゃんのところへ行ってらしたのですね
 kayaさんの心の重石が少し軽くなって・・良かった・・・。本当にこの一年、色々あり過ぎたからkayaさんの体も心も疲れきっていたんですね 
 ミーシャちゃんも、きっと『ハハ、そんなに悲しまないで。。。』って思いながら空かな見ていたのかな・・・。今頃は、たんちゃんと一緒にkayaさんとちゃあちゃんの事を見守っているはず。黒チビちゃんのことも!!!
 命を守るために・・・むやみに妊娠、出産、子育てを繰り返せば生まれた子供も母猫も苦難の道を歩むことになるかもしれないから・・・静かに穏やかに暮らせるようにと思ってミーシャちゃんに手術を・・って思ったkayaさんの気持ちはきっと届いています。
 やっと・・・kayaさんに優しい光が届いて、本当に良かった。
 私も、ミーシャちゃんのこと忘れません。
 春の光が差し込んでkayaさんの体調も上向きになりますように祈っています。

投稿: 小川 貴子 | 2010年4月24日 (土) 16時16分

とても悲しい出来事があったんですね。
でもママさんが「ありがとう」の言葉を言えて良かった。
ミーシャちゃんが一番欲しかった言葉だと思うから…
出会ったこと、そしてそこから繋がる縁。
そこに居合わせなかったpeekoも今ミーシャちゃんの事を想ってるよ。
これも素敵な縁でしょ?
青空の下で重石が軽くなったママさん。
そちらの春ももうすぐですね。

※白いたんぽぽ…
peekoも初めて見た!いっぱい咲いてるね。
しあわせの種のお花かな?(*´∇`*)

投稿: peeko | 2010年4月24日 (土) 20時23分

きっと、ミーシャちゃんも今頃、
「kayaさんありがとう。黒チビちゃんのことも大切にしてくれて」って、言っていると思います。
青空の向こうに、たんぽぽちゃんとミーシャちゃんの笑顔が見える気がします。

ハナには、1歳で交通事故死した兄弟猫のタマがいました。
子猫時代、自分より体の大きいカラスからハナを助けに駆けつける、仲良しきょうだいでした。

「長くは生きられない」と言われたハナが、
今日もご機嫌で暮らせているのは、タマが見守っていてくれる
のかも。と思っています。

これから、気持ちのよい季節になりますね
バラとハーブに囲まれてのお散歩も、もうじきでしょうか。
楽しみだね、ちゃあちゃん。
今週も、ちゃあちゃんとkayaさんが穏やかに暮らせますように。。。。

投稿: masako | 2010年4月25日 (日) 16時06分

14日間の長期出張を終え
今新幹線で読ませていただいております。
ご無沙汰しております。
最近僕も色々ありすぎて
疲れたりめげたりしていましたが
今日の記事を読んで
前向きに生きてらっしゃるなぁ!と
元気をもらっちゃいました!
僕が勝手に少し元気を取っちゃったからして
また元気をたくさん体内に製造して
頑張ってくださいね!
時々また元気吸い取りに来ます(笑)
では!

投稿: ばんぱく。 | 2010年4月25日 (日) 17時34分

お外のネコちゃんとの関わり方は、
本当に難しくて、葛藤の毎日です。
私もたくさん「ごめんなさい」を言ってきました。

でも、避妊手術はミーシャちゃんを想っての選択だったし、
ちゃあママさんと出会えたからこそ、
黒チビちゃん達を立派に育てることができたし、
ちゃあママさんの優しいお気持ちを、
ミーシャちゃんはちゃんと理解してくれてると思います。
「ありがとう」の言葉もしっかり届いてると思います。

重石がもっと小さくなって、
ミーシャちゃんのことを笑顔で思い出せる日が来ますように・・・。
黒チビちゃんが、毎日元気に暮らせますように・・・。

投稿: さーり | 2010年4月26日 (月) 11時32分

小川貴子さんへbud

やっと・・・本当にやっと「ありがとう」が言えました。
一年もかかってしまったけど
心がフワッと軽くなりました。
ミーシャへの想いは一生忘れる事無く
私の心の中に居ると思います。
願わくば・・・心の中で重石では無く
温かな光の玉になってくれれば・・・と思いますconfident


peekoさんへbud

突然の命の見送りを初めてしました。
何が何だかわからずに
ただ、ただ罪悪感だけが心の中に大きく
重く圧し掛かって・・・辛かったです。
でも・・・やっと言えた「ありがとう」で
随分と救われました。
たんぽぽを見送った後に淋しさを優しさに変えたい
と言う思いをpeekoさんが後押ししてくれたお陰で
今、私は優しい想いに包まれています。
白いたんぽぽさん・・・
タンタンちゃんとたんぽぽとの合作だと思うと
見ているだけで嬉しくなりますねconfident


masakoさんへbud

やっとミーシャの笑顔を思い浮かべる事ができました。
亡くしてしまった命は大きかったですが
これからの私の人生に、大きな優しい塊を残してくれました。
そんな風に思えるのに1年もかかってしまいましたが・・・。
ハナちゃんには優しいお兄ちゃんがいたのですね・・・。
今、ハナちゃんが頑張っていてくれるのは
きっとタマくんが護ってくれてるからなのでしょうね~。
昨日とっても暖かな日だったので
ちゃあ ちょっぴりお散歩しましたよconfident


ばんぱくさんへbud

出張続きで身体もお疲れでしょうね・・・。
営業職の方は人との付き合いに
とっても神経を使われるので磨り減ってしまってる方が
多いように思います。
疲れすぎないように、しっかり心の充電をしながら
お仕事頑張って下さいね!
引きこもりの私に、全国のお話聞かせて下さいねconfident


さーりさんへbud

奪おうと思って奪ってしまった命ではないけれど
やっぱり「ごめんなさい」しかいえない1年でした。
まだ重石は心の中にしっかりありますが
いつか・・・きっと優しい塊に変わってくれるように
生きていけたらと思ってます。
お外の猫ちゃんと関わっていられる方々は
もっと沢山の色々な想いを持っていられるのでしょうね・・・。
黒チビちゃんはお腹のキズも化膿せずに
元気にご飯を食べに来てくれてます。
これからも見守って行けたらなぁ~って思いますconfident

投稿: kaya | 2010年4月27日 (火) 08時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124047/34240008

この記事へのトラックバック一覧です: ミーシャへの想い:

« 白いたんぽぽ | トップページ | もうひとつの想い »