« 小さな奇跡 | トップページ | 静かな時 »

2009年10月28日 (水)

迷い

無事に27回目の抗がん剤治療を終えて

私の元へと帰って来てくれた ちゃあ

脅威の体重増加の5.25kg

たった6週間で4.6kgから5.25kgって

どんなご飯を食べさせたらこんなんになるのでしょうかぁ~

体重計を見つめる私と先生もあ然でした

白血球数は減っていたものの

他の数値は現状維持で

肝臓の数値がやはり高めなので

これからは少~しカロリーの少ないご飯(シニアフード)を

増やしていく事になりそうです

今までは体重を増やす事が

ちゃあの命の時間を増やす事と考えていたので

少々戸惑い気味ではありますが

レントゲン写真でも、しっかりお腹に脂肪が付いてたし

病院での記録も27回と無事に記録更新できました

ただ・・・やっぱり長期の抗がん剤投与のせいで

血管がモロくなってきてて・・・

今回は右手がダメになってました

今後の治療方法も先生から新しい治療を提案されましたが

病院へ行く回数が増えるので

ちゃあの負担と金銭的な問題と両方で悩みます・・・

「今回も頑張ったでしゅよ」byちゃあ

P1090613

ちゃあの居なかった昨日一日はご飯も食べずお水も飲まず

ウロウロしてはコタツでこんなに淋しい顔をしてた たんぽぽ

P1090597

ちゃあが居ないとこんなにも不安になって・・・

もう私ではダメみたいです

そして・・・

自分もこんなに大変な治療をしてきたのに

少し休むと自らコタツの中のたんぽぽの所へ行く ちゃあ

P1090627

たんぽぽの表情が全然違います

もうベッタリと引っ付き虫になってます

たんぽぽにこんなにも優しい ちゃあ・・・

この姿を見て涙が溢れて、溢れて止まりません

P1090626

たんぽぽの治療で悩んでます・・・

止血剤と栄養剤とステロイドの点滴を続けるかどうか・・・

点滴をするとしばらくは楽になります

でも薬の効果が切れると辛そうになります

何もしないと辛いままです

でも楽になるのは薬の効いてる間だけ・・・

たんぽぽにとっては点滴を続ける方が良いのか

何にもしないでウチに居る方が良いのか・・・

悩んでも悩んでも答えが見つかりません

ちょっと電池切れになってきた頭では余計に答えが見えません

どうしたら良いのでしょうか・・・

|

« 小さな奇跡 | トップページ | 静かな時 »

ちゃあ&たんぽぽ」カテゴリの記事

コメント

答えは出ないですが
kayaさんが悩んで悩んで悩んでいることが正解だと思います。
今のたんの表情をみてもそれほど悪いとは思わないですよ。
この病気でここまできてこの表情をしているなら
もう大正解なのではないですか?
答えを出すのはkayaさんですが
本当につらい時のみ点滴に通っている今のペースで
ゆっくり看取ってあげればよいのではないでしょうか?
最期の時を迎えるときに必ず他の方法の方がよかったのではないかと後悔します。
それは当り前 人間ですから
両方してみてよかった方を取るわけにはいかないのだから
でも 少なくとも今までの方法は間違っていなかったと思うし、
kayaさんがこれから選ぶ方法も絶対間違っていないです。

投稿: こねこねネコ | 2009年10月28日 (水) 09時37分

追伸:書き忘れました

私なら今日午前中に1度連れて行くかな・・?
水曜だし・・

でもこれは私ならですよ あくまでも

投稿: こねこねネコ | 2009年10月28日 (水) 09時40分

こんにちは!
わぁびっくり、ちゃあちゃんすごいね、体重が増えているなんて。(^^)
良い材料と思いましょう。
そしてたんぽぽちゃん。
そうね、辛そうにしているのを見るのが一番ツライですね。
病院に行く事、待合室で待つ事もかなりの負担になるでしょう。
自宅で点滴ができればベターかしら・・・
でもkayaさんがどんな選択をしても
ちゃあちゃんもたんぽぽちゃんもちゃんと受け入れてくれますよ。
2ニャンの表情がそれを物語っています。(^^)
頑張って!応援しているから!

投稿: まりまお | 2009年10月28日 (水) 10時19分

おはようsun
ハハ、チャ~ちゃん、タンちゃんの頑張りを援護するかのような、いいお天気ですsun

ちゃ~チャン、またまた今回も頑張ってきたんだねconfident
体重凄い増加sign01ビックリだね。
肝臓の数値の件があり、カロリーを控えなきゃいけないみたいだけど、でもなんか嬉しい。
食べないと増えないし、食べれることは、たぶん身体がある程度調子が良くないとできないだろうしconfident
チャ~ちゃんのハハを見ている顔、ハハにナデナデしてもらって、”いっぱい頑張ってきたよ”と言って甘えている感じがしますheart04
その後のタンちゃんの側に行った時の顔は、また凛とした表情になったますね。看護師さんの顔です。
タンちゃん、お留守番頑張りましたねgood
ほんと、チャ~ちゃんと映っている顔は、何とも言えない、嬉しく・ホッとした表情をしてるねclover

ハハ、タンちゃんの治療で迷っているとの事で、私も迷って当たり前だと思います。
この子のために、今一番良いことをしてあげたい。
でもそうするには、色々絡みが出てくるし・・・
色々考え決断するのはほんと大変かも知れませんが、
ハハのいっぱいの愛情で出した事は、タンちゃんにとって一番よいことだと思いますよclover

今日の良いお天気の中、穏やかに過ごせるよう願っていますheart02


投稿: 宥估 | 2009年10月28日 (水) 11時02分

ちゃあちゃん、おかえりなさい!!
よく頑張ったねー!!!
体重には驚きました。
栄養がしっかり身に付いてきてるんですね。

すっごく強くてかっこいいたんぽぽちゃんだけど、
ちゃあお姉ちゃんの前では甘えたの弟くんですね。
ちゃあちゃんとたんぽぽちゃんの結びつきの強さや、
相手を思いやる優しさには、いつも心を打たれます。

治療方法・・・本当に難しい選択ですよね。
病院に連れていくことが負担になるなら、通院は避けたい。
でも、痛みは減らしてあげたい・・・。
往診はダメなんでしょうか?
できるだけおうちに居られるようにして、
ちゃあママさんが今は必要だと思ったときに病院に行く、
という今のペースが1番いいように思います。
悩んでも悩んでも、なかなか答えは見つからないと思いますが、
ちゃあママさんの選択がきっと正しいはずですよ。
いいアドバイスができなくてすみません。

投稿: さーり | 2009年10月28日 (水) 11時20分

迷うよね・・・・
私がちゃあママの立場でも、なかなか答えを出せないと思うよ!
一度 答えを出しても、それが正しかったのかって悩んだり・・・。
きっと、みんななんじゃないかな?

答えを出すのは、難しいけど
ちゃあママが考え抜いて出した答えなら
間違えてない!!って、そう思うんだぁ
ちゃあママ以上の答えを出せる人は居ないもん。

アドバイスが出来たらいいんだけど
頼りにならなくてごめんね・・・

頼りにならない分
いっぱい祈ってるからねclover

投稿: れとろまま | 2009年10月28日 (水) 11時22分

 ちゃあちゃん、お帰りなさい!今回も頑張ったねぇ~偉かったネ♪それに・・・体重が増えていたの??すごい!!本当にすごいね!!
 kayaさん、嬉しいですね!ちゃあちゃん。。。すごい仔ですね!すごいチカラのある、不思議な仔です。自分も闘病中なのにいつもいつもたんちゃんとハハのことに想いを寄せて、心を寄り添わせて・・。猫さんとは思えませんっ!!!ホントすごい。。。。
 たんちゃんの表情が。。。。こんなに???こんなに違うんですネ ちゃあちゃんが居ることがこんなにもたんちゃんに安らぎを与えてくれるなんて・・・私もこのたんちゃんとちゃあちゃんのお顔見て涙が止まりません。こんなことって。。。。言葉で言い表せない感動です。
 治療の事・・・どちらを選択してもしなくても・・何が良かったかなんてきっと答えは無いのだと思います。通院しないで家で穏やかに過ごしていれば、たんちゃんはストレスも痛みも苦痛もなく、ただ段々と弱ってゆくのなら通院してストレスを与えるよりいいかもしれないけれど・・・何もしないで家に居ても痛かったり苦しかったりするのであれば薬が効いている間だけでも苦痛が無いのであれば苦痛を取り除くためにも通院・・って思ってしまいます。せめて、一度だけでもいいので言葉で何か訴えてくれれば・・・って思ってしまいますね 実際には、辛そうに見えるだけで”痛い”とか“苦しい”とかって言っているわけではないですし・・・でも私達人間は、自分がこんなに出血していたら・・自分がこんなに食べられなかったら、こんなにフラフラしていたら・・きっと相当苦しいのだろう、辛いのだろうって重ね合わせて想像することしか出来ません。実際のところどうなのか・・・
 ただ、看病とか看取りって・・・きっと私達、看護する側に与えられた幸せな時間なのだと思うのです。時には、看病することなくあっという間に亡くなってしまう人も動物もいます。さっきまであんなに元気だったのに・・・っていうこともあります。そんな場合、残された者の辛さは如何ばかりかと。。。心の持って行き場がありません。闘病は辛いし、看る側も切なくて苦しくて辛い時間ですが、それでもしっかりと見守り、尽くし、言葉を掛け、感謝をし、甘受するだけの時間を少しでも与えてくれます。その時間があってもそれでも別れは苦しく悲しく身を切られる想いに違いはありませんが。上手く言えなくてすみません。ただ、どんな治療や看とりを選択してもたんちゃんは怒らないし、責めないし、必ずちゃあちゃんとハハにありがとうって言ってくれると信じています。心はいつも一緒だよって言ってくれるはずです。だって、世界中で宇宙の中で一番、たんちゃんを愛して心配してくれているのはハハとちゃあちゃんだってたんちゃんは知っているんですもの。迷って、何を選択しても大丈夫。たんちゃんもちゃあちゃんも誰よりもkayaさんの気持ちをわかっているから。
 今日も祈っていますね。上手く言葉に出来ずにごめんなさい。とにかく祈っています。

 追伸:もし、点滴すると少し楽な表情になるのでしたらまりまおさんのおっしゃるように自宅で点滴出来ないかどうか先生と相談なさってみてはいかがですか?うちの仔は、末期の腎不全で週に2回の点滴に通院していますが、主治医の先生ももう少ししたら、連れてくるだけでもこの仔(うちの猫)も辛いだろうから自宅で点滴するようにしましょう。その時は、やり方を教えますからって言われました。病気の仔を看ていらっしゃる飼い主さんでご自分で点滴されている方も結構いらっしゃるみたいです。ただ、出血止めの注射などは医師でないと出来ないのかもしれません。なんにせよ、早急にkayaさんの迷いをそのまま先生にお話しして相談なさってみては・・と思います。大丈夫!気持ちをしっかり持って頑張ってください。

投稿: 小川貴子 | 2009年10月28日 (水) 15時39分

ちゃあちゃん、今回もがんばってきましたね。
しかも、体重増加とは、すごいです。
でも、うちのハナもそうですが、血管がもろくなりますよね。体に負担が大きい治療であることを実感します。

それなのに、帰宅早々、たんぽぽちゃんの看護に励むちゃあちゃん。
最近は、「病魔から大切な弟を守る強いお姉ちゃん」の顔をしていますね。
たんぽぽちゃんの安心した顔、寄り添う二人の強い絆を見ると、私も涙がでます。

迷いますよね。でも、たんぽぽちゃんのことを一番わかっているkayaさんが決めたことなら、きっと、それがたんぽぽちゃんにとって穏やかに、幸せな気持ちで過ごせる方法。

小さな奇跡が積み重なって、大きな奇跡がちゃあちゃんに訪れました。
どうか、たんぽぽちゃんにも。。。。

投稿: masako | 2009年10月28日 (水) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124047/31945673

この記事へのトラックバック一覧です: 迷い:

« 小さな奇跡 | トップページ | 静かな時 »